シャンプーの種類

低刺激で髪や頭皮にやさしいと言われるアミノ酸シャンプーですが、アミノ酸シャンプーの他にどのようなシャンプーがあるのか、それぞれの特徴について紹介します。シャンプーの最も重要な要素である洗浄成分で見ると、大きく分けて3つのタイプに分類できます。

ドラッグストアやスーパーなどの市販の商品でよく見かける商品の多くは高級アルコール系シャンプーです。洗浄成分には石油に由来した高級アルコールが使用され、成分表示には「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」などの「硫酸」の名前が付いた成分が多く見られます。お手頃な価格で手に取ることができ、洗浄成分が強いためさっぱりと洗いあがる反面、刺激が強いという特徴があります。

石鹸系シャンプーは天然素材にこだわっている人に愛用者が多い商品です。値段はやや高く、汚れを落とす力も強いですが、アルカリ性のため髪がゴワゴワした感触になったり、刺激が強いため肌が弱い人には向いていません。「脂肪酸ナトリウム」「オレイン酸カリウム」などが含まれています。

アミノ酸シャンプーは、値段はやや高価で、洗浄力は強くありません。その代わり刺激が少ない為、頭皮が弱い人や髪の傷みが気になる人にお勧めです。成分には「ラウロイルグルタミン酸ナトリウム」「ラウロイルメチルアラニンナトリウム」「ココイルグルタミン酸ナトリウム」などが含まれています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket